2006年03月16日

水切り遊び

水切りとは、石をポーン、ポーンと水面を跳ねて飛んでいくように投げる遊びです。石切りとも、石投げとも言われることがあるようです。

今回はそのコツをご紹介。


(1)平たい石を選ぶ

ある程度重さと厚みのある丸くて平たい石(鏡餅型)が理想です。
でも大きさや重さなどは投げる人の力や手の大きさでも変わります。風や水面の様子でも変わるようです。
どんな形の石が良いのか、自分でいろいろ投げて試してみましょう(^o^)/


(2)サイドスローで水面に平行になるように投げる

石が水面につく角度が、石の跳ね方に影響します。
もちろん基本はほぼ水平になるように投げることです。
水面の様子や狙った跳ね方に合わせて角度も調整してみましょう。

投げる位置も低い位置から投げた方がより水面に平行に飛ばすことができます。片ひざをついた状態でサイドスローでなげるなど工夫してみてください。(手を地面にぶつけないように注意してください。)


(3)石に円盤回転を与える

投げる際は、人差し指(もしくは中指)を石に引っ掛けて、スナップ(手首)を効かせて石が強く円盤回転しながら飛んでいくようにしましょう。
回転が強いとフリスビーが飛んでいくように石がスーッと安定して飛んでいきます。

水切り石.jpg


ポイントは以上です。
はじめは強く投げようとせずに軽く投げてみてください。

それと投げる際はよく周りを見て、人がいないか注意してから投げてくださいね。石が地面に跳ねて思わぬ方向へ飛ぶこともありますので。特にお子さんが投げる時にはぜんぜん見当違いの方向に投げてしまうこともあるので注意してください。それから、水に落ちないように気をつけてくださいね(^^;


ちょっとコツをつかめば簡単に10回くらい跳ねさせることができるようになります。
川などで誰でも手軽にできる遊びですので、キャンプの際などにお子さんと一緒にぜひチャレンジしてみてください!


水切り.jpg

水切りの参考ページ
http://www2.odn.ne.jp/~cdu32250/2taitoru/ohanasi.html

posted by 子育て父さん けい at 12:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 外で遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...

【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...
価格:1,155円(税込、送料込)

化石発掘クリーニングセッ...

化石発掘クリーニングセッ...
価格:1,496円(税込、送料別)

| 外で遊ぶ | 外で遊ぶ(化石の発掘編)| 施設で遊ぶ | 家で遊ぶ |
| 生きものと遊ぶ | 生きものと遊ぶ(アリの飼育) |
| 遊びの情報・資料室 | 日記 | 自己紹介 |

[子育て父さんの天才遊びマップ]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。