2005年07月07日

トンボの捕り方

今回は、とんぼの捕り方として
 『網(アミ)で捕る』
 『手で捕る』
 『道具で捕る』

の3通りの方法をご紹介します。

シオカラトンボ.jpgアカネ.jpg

その前に、まずはトンボの習性から。
トンボには縄張りを持つものが多く、自分のテリトリー内をパトロールするように周回しています。ですので、捕獲に失敗した場合でも同じ場所に戻ってくる可能性が高いので、そこで待っているといいと思います。
また、飛行ルートにサオなどを立ててそこに止まらせるようにしてみるのもいいでしょう。


■『網(アミ)で捕る』
網でトンボを捕る場合のコツは、網を上からかぶせたりせずに、トンボが止まっているところ(もしくは飛んでいるところ)を横からかっさらうようにして捕ることです。
そして網にトンボが入ったあとも、バッと網を地面に降ろすのではなく、トンボが入った状態でそのまま空中で8の字を書くように2〜3回アミを回して、最後にトンボが出ないようにクルッと柄を回転させてアミの布部分が閉じるようにしてアミの入り口を塞ぎましょう。
カッコイイ!!
ただし!トンボは首が細く、捕まえる時に網のワクなどにぶつかると簡単に首が取れてしまいますのでご注意を。


■『手で捕る』
手でトンボを捕る場合のコツは、とにかくゆっくりと近づくことです。自分が風に揺れる木の枝になったつもりで、ゆ〜ら、ゆ〜ら、と。彼らは、直線的で速い動きには敏感に反応しますが、反対にすごくゆっくりした動きは認識しづらいようです。
ほら、カマキリが獲物に近づく時の動作って見たことあります?彼らは体を前後にユラユラと揺すりながら少しずつ近づくんですよ!まさにそんな感じで近づくのです。

また、よくトンボを捕る時に指をクルクル回してトンボの目を回すような動作をしますが、あれは本当は目を回させるためにやるのではなく、直線的に近づかないでゆっくりユラユラと近づいていくことにその動作の意味があるのです。
ですので指をクルクル回す必要もなく、カニのように両手でチョキをつくって、手を左右にゆ〜ら、ゆ〜ら、とゆっくり揺らしながら近づいて、数センチのそばまで行ったらチョキの指でパッと羽を挟んで捕まえましょう。

それから手で捕る場合のもう一つの方法として、「トンボを指に止まらせる」方法があります。指を上に伸ばして自分が枝のようになり、指先にトンボを止まらせるよく知られた方法です。この場合も、トンボの習性を良く知って、飛行ルートに立ったり、よく止まる枝のすぐそばに立つと良いでしょう。
また、指は一本指を伸ばすのではなく、親指と人差し指の2本指をくっつけるようにして伸ばすと良いでしょう。それでトンボが止まったら、2つの指先でチョイっとトンボの足をつかんでしまうのです。


■『道具で捕る』
昔は「トリモチ」などというものもありましたが、これだとべたべたにくっついてしまいますしスマートではありません。そこでここでは「ブリ」という仕掛けで“トンボを釣る”方法をご紹介します。

30〜50cmくらいの糸を用意し、両端に小石や小さなナット、ボルトなどを結び付けます。小石などは糸で結びにくいので、その場合はキャラメルの包み紙のような紙切れでくるんだりセロテープでとめたりするといいでしょう。

そしてこれをトンボの前方を狙ってクルクルと回るように空に投げ上げます。すると、トンボはこれを虫と間違えて襲い、糸がトンボの体を巻き込んで絡まって落ちてくるという仕掛けです。
面白いでしょ!?
糸の長さや重りの大きさをいろいろ変えて試してみましょう。

この方法は、気が強く飛ぶのが素早いヤンマ類に向いています。なお、晴れすぎの日より湿度が高く曇り空の方がヤンマはよく飛ぶようです。とくにギンヤンマなどは夕方に高く飛びまわります。
また、オニヤンマは川や湿地の緩い流れに生息する事が多く低空を悠然と飛びます。飛行ルートを読んで、オニヤンマの前方にタイミングよく投げましょう!

お子さんやご家族みんなでこの仕掛けを作って、みんなでいっせいに投げて誰の仕掛けに掛かるかなんてやってみると面白いですよ!


参考ページ:
Cyber昆虫図鑑 分類:トンボ目

ハグロトンボ.jpg
黒い羽、メタリック・グリーンの体が美しいハグロトンボ。ヒラヒラと飛びます。
posted by 子育て父さん けい at 13:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 生きものと遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私たちは輪ゴムに糸をつけて糸に釣の錘をつけて飛ばしました。 
Posted by oっtoto at 2015年08月28日 22:26
指をクルクル回す必要なかっかんだwww
俺この生まれてから十年間ずっと回してとってましたw
Posted by たっかー at 2016年07月22日 14:38
難しすぎる。





難しすぎる 難しすぎる
Posted by at 2016年08月15日 09:54
つりのしずを輪ゴムにつけて木綿縫い糸を結び、しずをつまんでほえらーんと言いながら反動で飛ばしました。ギンヤンマの前方2m、上方1m付近に飛ばすと良く捕れます。
Posted by たかっちゃん at 2016年09月25日 15:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...

【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...
価格:1,155円(税込、送料込)

化石発掘クリーニングセッ...

化石発掘クリーニングセッ...
価格:1,496円(税込、送料別)

| 外で遊ぶ | 外で遊ぶ(化石の発掘編)| 施設で遊ぶ | 家で遊ぶ |
| 生きものと遊ぶ | 生きものと遊ぶ(アリの飼育) |
| 遊びの情報・資料室 | 日記 | 自己紹介 |

[子育て父さんの天才遊びマップ]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。