2005年06月09日

田んぼ観察

簡単に普段は目にしないいろんな生きものを観察したいと思ったら田んぼが最適!

田んぼ.jpg

特に最近は減農・無農薬の水田が多くなってきたので、以前より生きものもたくさん見られるようになっているようです。
関東近辺ではゴールデンウィーク頃に田植えが行なわれるところが多いと思いますので、それから2〜4週間くらい経った頃が観察にはおすすめ。その頃には、いろいろな生きものが出てきているはずです。

観察時の注意点
・イネやあぜを荒らさないように注意して観察すること(あたりまえだけど)。
・農薬を散布したばかりのようだったら、すぐにあきらめて帰る。
(農薬は気化して空気中を漂うので、触らなくても体によくありません。)


という訳で、私と息子も6月の第1週の週末に田んぼ観察に行ってきました。
実は、カブトエビを見つけようと去年から頑張っているんです。なんでも、うちの近所でも見つかるところがあるとのこと。今年は見つけることができるかな??

まず簡単に見つかるのが「カエル」に「ザリガニ」に「おたまじゃくし」に「タニシ」。
目を凝らすと見つけられるのが「ミジンコ」などのプランクトンたち。
よ〜く探すと見つけられるのが「ヤゴ」や「ミズスマシ」などの水生昆虫たち。
あと、場所によっては「ホウネンエビ」なんかも見つけられるかも。

ちなみにこの日捕まえた生きものは、
亀(ゼニガメ(イシガメやクサガメなどのこども)2匹、20cm大のクサガメ1匹)
・ザリガニ(多数。まだ小型のものばかり)
カエル(多数。アマガエル、トウキョウダルマガエル、ウシガエルなど)
・オタマジャクシ(多数。同上)
ミジンコ類(無数)
タマカイエビ(多数。たまちゃんと命名した我が家のお気に入りの生きもの。泳ぎ方がかわいい)
・ヤゴ(シオカラトンボのヤゴ。この日は1種類しか見つからなかった。)
などなど、書き出したらきりがありません!

かえる.jpg

でも、残念ながら今回もカブトエビは見つけることはできませんでした。来年こそは!
皆さんも近くに水田があったら、ぜひ生きもの観察をしてみてはいかがでしょうか?
posted by 子育て父さん けい at 19:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 外で遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の家の近くには田んぼはないのですが、近くの学校にビオトープがあります。
結構色々な生き物がいて、メダカ、オタマジャクシ(もうカエルになりかけてますが)、ヤゴ(色々いたのですが、種類がちょっとわかりません)などの生き物や植物もハスの花やキショウブが咲いていました。
休み時間にはこどもたちが網を持ってすくっていました。採れたヤゴなんかは教室に持ち帰って飼うのだそうです。
案外身近なところでも生き物観察ができるのですね。
Posted by 多摩六人 at 2005年06月12日 19:44
田んぼもそうですが、最近はめっきり身近な“水辺”がなくなってしまっていますよね。里山とか、段々畑とか、そこまでいかなくてもちょっとした溜池や湿地が軒並み整地されてしまって。河川の岸もそうですよね。コンクリート護岸やきれいに整備された岸辺ばかり。
むかしのようにぐちゃぐちゃどろどろ、草ボーボーの水辺なんて、平野ではほとんど見られないんじゃないでしょうか。そういうところこそ、多種多様な生きものがいるんですけどね。
もう少し“生きもののための”環境作りがなされていくように、未来を築く子供達に生きものにもっと触れてもらいたいです。“生きもののための”環境作りということではビオトーブは最適ですよね。
Posted by 子育て父さん at 2005年06月13日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4240175

この記事へのトラックバック
【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...

【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...
価格:1,155円(税込、送料込)

化石発掘クリーニングセッ...

化石発掘クリーニングセッ...
価格:1,496円(税込、送料別)

| 外で遊ぶ | 外で遊ぶ(化石の発掘編)| 施設で遊ぶ | 家で遊ぶ |
| 生きものと遊ぶ | 生きものと遊ぶ(アリの飼育) |
| 遊びの情報・資料室 | 日記 | 自己紹介 |

[子育て父さんの天才遊びマップ]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。