2007年05月13日

2代目カブトエビ誕生!

昨年の6月の記事『カブトエビを捕まえた!』でご紹介したカブトエビ。

その時飼った個体の中に、腹部に卵を持っていたものがいました。
なので、もしかしたら底の泥の中にその卵があるかもしれないと思い、昨年すべてのカブトエビがお亡くなりになった後に、水槽の底の泥をすべて乾燥させて瓶に保存しておきました。

そして、一年経って今年のゴールデンウィーク。
その瓶から乾燥した泥を1年ぶりに水に戻すことに。

DSCF0001.JPG

すると・・・。

1週間後、よーく観察すると!
なんと、小さなカブトエビが5〜6匹元気に泳いでいるではありませんか\(^o^)/
まだ小さすぎて写真ではお見せできませんが。

みなさんも、もしカブトエビを飼育することがあったら、全部死んでしまった後の底の泥を翌年までとっておいてふ化を試してみることをお薦めします!
posted by 子育て父さん けい at 18:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生きものと遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつもブログを参考にさせていただいてます。うちも荒川総合運動公園の近くの水田にカブトエビを探しに行ってきましたが残念ながら2回とも見つけられませんでした。でもホウネンエビは発見できたので数匹持ち帰ってきましたが、餌を何種類かあげても食べてる様子がありません。我が家のチビ共が心配しています。いいアドバイスを教えて頂けないでしょうか。
Posted by エビキン at 2007年05月30日 10:31
エビキンさん
はじめまして。

我が家のカブトエビは現在1cmくらいですので、これからの方がより大きくなって見つけやすくなると思います。

さて、ホウネンエビのエサですが、基本的には植物プランクトンを食べているようなので、植物プランクトンが入った田んぼの水を与えるといいでしょう。
(田んぼの水を日当たりの良いところに置いておけば植物プランクトンを繁殖させることもできるかと思います。)

うちで飼っていたときは、テトラミンという熱帯魚のえさを食べていました。これは薄い切片のエサなので水面に浮き、その浮いたのを食べていました。
(カブトエビも。カブトエビは、発芽玄米をあげたらこれも食べてます。)
Posted by 子育て父さん けい at 2007年05月30日 14:46
アドバイス有難うございます。早速、たんぼへ水を拝借に行ってまいりましたが、ホウネンエビを全滅させていまい反省しております。しかし一緒に土を少し持ち帰ること一週間、なんと!ホウネンエビが自然発生していました!土の中に卵が入っていたのですね。たんぼ、自然の不思議にこの年になって驚いております、今では、子供よりもハマッテいる次第です。
Posted by エビキン at 2007年06月10日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...

【送料無料】親子で楽しむ!磯遊び大研...
価格:1,155円(税込、送料込)

化石発掘クリーニングセッ...

化石発掘クリーニングセッ...
価格:1,496円(税込、送料別)

| 外で遊ぶ | 外で遊ぶ(化石の発掘編)| 施設で遊ぶ | 家で遊ぶ |
| 生きものと遊ぶ | 生きものと遊ぶ(アリの飼育) |
| 遊びの情報・資料室 | 日記 | 自己紹介 |

[子育て父さんの天才遊びマップ]
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。